2017年07月13日

いのちのことば社さんに注文していた本が届きました!

注文書.jpg

この「世界の宗教ガイドブック」と言うのは、私にしては珍しく、お勉強の本です(^^;
私のように、色々なところに出て行く者にとっては、キリスト教以外の宗教の簡単な知識もあった方がいいんじゃないかな?と思って取り寄せてみました。
まだちゃんと読んでいませんが、わかりやすそうですし、【シク教】や【バハーイー教】なんて、あまり聞いたことのない宗教も載っていて、面白そうです。
勿論【キリスト教】も載っています!(^^)d

星野富弘さんの本は…。
星野さんの詩画を嫌いな人なんていないと思います。
私ももちろん大好きで、昨年は《星野富弘美術館》へも行きました。
で、今回、小さい方の『あなたがいる』と言う本は“ギフト”という言葉に惹かれて取り寄せました。
とても大切なお友達に送りたいと思っています。

『ことばの雫』の方は、詩画集ではなく、文字通り『ことば』が中心で、ほんの少しの絵と、奥様の撮られた写真が載っています。
この、言葉が、本当に心に沁みます。
今、私は、腰が悪く歩行困難で、たくさんの人に助けて貰っています。
そんな中で、この星野さんの本をパラパラとめくっただけで、なぜだか涙があふれ、声をあげて泣いてしまいました。
何度も、何度も読み返したくなる本だと思います。

最近、なかなか本を読むことが少なくなっていたけど、この夏は、少し時間があるので、ゆっくり読書を楽しみたいと思います。




にほんブログ村 ←1人でも多くの方に福音落語を知っていただきたいので、ポチッとクリックをお願いします☆ヽ(▽⌒*)♪
posted by kyoufumi at 00:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活の中で | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月16日

「試練の時と、神様の愛」

うちの下の娘ことは、よく「妹ちゃん=卓球少女」と書いています。
「妹ちゃん」とは、上の娘を「お姉ちゃん」と呼ぶのに対して、そう書いています。
で、この、妹ちゃん、小学校に上がる頃から卓球を始め、現在、中学生1年生女子としては、北河内地区ではトップ。大阪府下では、(自称)ベスト8ぐらいには入っているのではないか?と言うレベルで、まぁ、うちの子としては、そこそこ頑張っている方なんじゃないかと、親バカしています。
その妹ちゃんが、先日、教団のスキーキャンプに行って、怪我をして帰ってきました。
私は、本当は、卓球選手として真剣に頑張るつもりなら、スキー(スノボー)等危険を伴う他のスポーツはあまりして欲しくないのですが、彼女にとって、このスキーキャンプは、信仰上少し特別なものと言うこともあり、方々無理をしないように言い含めて送り出しました。
本人も、月末の、大阪ガバナーズカップ(大阪府知事杯)を控えていることもあり、その辺のところは一応考えて、無茶をせず慎重に滑っていたらしいのですが、何と予期せぬ状態でボーダーにぶつかられ、怪我をしてしまったらしいのです。
現地で、救急で診察をして貰い、レントゲン結果では、顕著な骨折などはないという結果を持って帰ってきました。
たぶん、ひどい捻挫ぐらいだろうから、月末の大会には出られると思っていたのですが、整形外科で診て貰ったところ、診断結果は両手首とも「骨端線損傷」と言うことでした。
これは、成長期独特の怪我で、骨折に準じるとのことで、試合は到底無理との診断。
妹ちゃんは、もうショックで立ち直れない感じ…がく〜(落胆した顔)もうやだ〜(悲しい顔)バッド(下向き矢印)
とりあえず、両手を固定して貰い、帰ってきました。

でもでもでも、次に、今回のことをいち早く相談した、私の友人でシドニーオリンピック・テコンドー銅メダリストの岡本依子ちゃんの紹介で、スポーツドリーム整骨院へダッシュ(走り出すさま)
そこで、色々、相談し、治療をしてもらうことに。そして、26日の試合に向けて、何とか調整できるのではという希望を貰いました手(チョキ)わーい(嬉しい顔)グッド(上向き矢印)

その間(もちろん今も)、事故の発生から、私がお知らせさせて頂いた、母教会の兄弟姉妹やクリスチャンの友人知人、本当にたくさんの方が祈ってくださいました†m(^^)
彼女に、たくさんの御言葉が与えられましたexclamation
普段なかなかできない、私と彼女と二人で祈る機会も与えられましたぴかぴか(新しい)

彼女にとっては、本当に試練の時だと思います。
たくさんの方が「これを乗り越えたら、もっと強くなれるよ」と言ってくださいました。
もちろん初めは、なかなかそんな風に受け止められそうもなかったけど、おかげさまで、思ったよりすんなり解決の道が与えられそうなので、比較的積極的に今回のことと向き合っているようです(^^;

特に今日は、母教会の前牧師夫人からお手紙を頂き、そこに書いてくださった聖書箇所を彼女から「読んで。いや交互に読もう」と言い出し、ビックリさせられましたw(@@)w
その聖書箇所の中の1か所です。
私にもとっても響きましたひらめき

「私の兄弟たち。さまざまな試練に会うときは、それをこの上もない喜びと思いなさい。
 信仰がためされると忍耐が生じるということを、あなた方は知っているからです。
 その忍耐を完全に働かせなさい。そうすれば、あなたがたは、何一つ欠けたところのない、成長を遂げた完全なものとなります。」ヤコブの手紙 1:2-4


そして、私は、神様の愛を確信しました黒ハート

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村 ←1人でも多くの方に福音落語を知っていただきたいので、ポチッとクリックをお願いします☆ヽ(▽⌒*)♪
posted by kyoufumi at 23:47| Comment(6) | TrackBack(0) | 日常生活の中で | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月02日

明日に期待!!

アメリカ・ハリウッド&ラスベガスに行く日が近づいてきました飛行機

でも、なかなかスケジュールがはっきり決まりませんあせあせ(飛び散る汗)

まず、そもそもの目的である映画祭のスケジュールがなかなかは発表されなかったのですバッド(下向き矢印)
前に書いたラスベガスのお友達のところにも足を延ばすことに決めたのですが、それも、映画祭のスケジュールがわからず、なかなか予定がたてられずにいたのですが、飛行機の予約をしなければいけないし、と言うことで見切り発進。
そしたら、やっぱり、ラスベガス滞在と上映が重なってしまいました。
しかも、その上映の際にプレゼンがあるとかないとか、今頃になって情報が入ってくるし、映画祭主催のワーナーブラザーズの特別スタジオ見学ツアーもそこにかぶってる、って昨日になってわかったし…。

でも、何と幸いなことに、きっと、神様が「こっちの方が、貴女のためにはいいんだよグッド(上向き矢印)」と、示してくださっているのだと思うことができるので、とても感謝です黒ハート

ラスベガスでは、お友達の家で《ラスベガス日本人教会(LVJCC)》の方々数人と、なんと鶴田牧師先生も来てくださり、歓迎会?をして下さるそうです手(チョキ)
因みに写真は、お友達がとってくれた、ラスベガスで泊まる予定のホテルですホテル

PARIS HOTEL.jpg
PARIS HOTEL


また、今回私の通訳として(自費で)同行してくれる友人Mさんの友人の方が、ビバリーヒルズに連れて行ってくださるかも?なんていうお話も飛び出していまするんるん

小さな小さな私に、このような素晴らしいチャンスを与えてくださった神様に、感謝・感謝・感謝ですぴかぴか(新しい)
そして、まだ100%確定していないスケジュールですが、明日には、またどんな動きがあるのか、はたまた、アメリカでどんな出会いがあるのか、神様に大いに期待したいと思います黒ハート

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村 ←1人でも多くの方に福音落語を知っていただきたいので、ポチッとクリックをお願いします☆ヽ(▽⌒*)♪
posted by kyoufumi at 20:10| Comment(4) | TrackBack(0) | 日常生活の中で | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月31日

御言葉

今年もたくさんの御言葉を与えて頂きました!

image/2011-12-31T21:53:43-1.jpg

写真は、今年の夏に小学4年生の姪が作陶した【ランプシェード】です。
ランプシェードからこぼれる暖かく優しい光。
まるで、この光のように…!

新しい年を迎える今、与えられた御言葉は〜

あらゆる恵みに満ちた神、すなわち、あなたがたをキリストにあってその栄光の中に招き入れてくださった神ご自身が、あなたがたをしばらくの苦しみのあとで完全にし、堅く立たせ、強くし、不動の者としてくださいます。(ペテロ5:10)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村 ←1人でも多くの方に福音落語を知って頂きたいので、ポチッとクリックをお願いします☆ヽ(▽⌒*)♪
posted by kyoufumi at 22:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 日常生活の中で | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月26日

守られて

image/2011-11-26T07:24:46-1.jpg

今回、骨折したのが東京という旅先での事だったのですが、そういう状況にあっても幾つもの主の守りがありました!

1つ目は、東京にいる叔父が(仕事が)休みだったこと。
叔父の仕事はデキシーランドジャズのドラマー。ライブハウスの仕事が入っていれば、土曜日の夜でもアウト(><)
その叔父が、土曜日も日曜日も休みで2日とも色々と力になってくれました(^-^)
また、叔父のファンで、私設秘書みたいな?方で、私や妹とも友人でもあるUSAGIさんも一緒に、ずっとお世話してくださったのも、とても助けになりました!
また、もう1つには、翌日のご奉仕先である目黒教会に車椅子があったこと!!
もう、これは画期的に素晴らしいことでした\(^O^)/
結果的に、この車椅子をお借りして帰ってきました。
また、20日の朝1番で妹が東京まで来られたことも感謝でした。

それから、USAGIさんが車椅子で新幹線に乗る時の手配をご存知だったこと。
これも本当に助かりました!

また、本当に、本当にたくさんの方が、たぶん私以上に祈ってくださっていて、その感謝は言葉にはつくせません!!

まだまだ先は長そうですが、主の癒しと守りとの確信の中で、感謝と祈りを持って毎日を送りたいと思います†m(^^)

※写真は友人が慰めのために送ってくれたものです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村 ←福音落語を1人でも多くの方に知って頂きたいので、ポチッとクリックをお願いします☆ヽ(▽⌒*)♪
posted by kyoufumi at 09:22| Comment(1) | TrackBack(0) | 日常生活の中で | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする