2020年11月02日

芸能生活40年 落語生活20年

ミニゴス落1.jpg

今回の《ミニ・ゴスペル落語会》は、あまり大きな声では言っていませんが、チラシの私の写真のところにありますように【芸能生活40年 落語生活20年】の記念公演にもなっています。
実は正直に白状しますと、初舞台の年からと入門した年からとでは数か月の誤差があるのですが、芸能(女優)生活40周年のうちに落語家としての20年目が始まるので、同時に記念しての公演としました。
初舞台は、17歳の時に父の友人の方からお声をかけて頂いて、先代(初代)中村亀鶴さんの自主公演「第1回 翅の会」に出演させて頂きました。
演目は『雙生隅田川(ふたごすみだがわ)』で、演出は武智鉄二先生。その時、惣他の女房と斑女の前の二役を片岡秀太郎さんが勤めておられたご縁もあって、今でも秀太郎さんとは親しく物を言わせて頂いています。
普通は女が歌舞伎の舞台に立つことはありませんが、子役は別。
17歳ではありましたが、小柄だった私と妹は売られていく子(娘)として出演させて頂きました。

1979_08_03a.JPG
(右側の惣太・中村亀鶴さんが顎を持っている娘の奥が私、手前が妹
左側、惣太女房・片岡秀太郎さん)


それから、高校3年の時に改めて演劇の勉強をし、高校卒業とともに都姉と漫才をしたり、その後は大衆演劇の劇団を手伝いに行ったり、商業舞台に出たり、TVもドラマ以外にもレポーターをしたりと色々なことをさせて頂きました。

落語は、実は子供の時からやりたい気持ちはあったのですが、やはり時代劇がやりたくて女優の道を優先していました。
でも、下の娘が生まれたのを機になんとなく、思い切ってやってみようと父に入門しました。

こうして続けられていることは、本当に奇跡のようなことだと思います。
ベタな言い方かもしれませんが、主のお守りとお導き、御心があってのことだと思っています。
正確に言うと、ちゃんと続けられているのかどうかよくわからなくなる時がありますが。
まぁ、今はこの芸の道以外には何もしていないので続けられていることになるのでしょうね。
似なくてもいいのに、父に似て一匹狼的ではありますが…。
それでも多くの方に助けられ、支えて頂いて今日までやってこられたのは、感謝以外の何物でもありません。

ご来場いただく方、ライブでご覧いただく方、そして、私に関わってくださった全ての方へ、感謝の想いを込めて一生懸命舞台を務めたいと思っています。
でも、できることなら、1人でも多くの方にご覧いただきたいと思います。
ライブ配信は、アーカイブを1週間は残してご覧いただけるようにします。
当日は無理と言う方も、後日、好きな時にご覧いただけますので、ぜひお申し込みください。
チケットのお申し込みは私(コメントかメッセージBOX)まで。
ライブ配信のお申し込みは大阪クリスチャンセンターにメールでお申し込みください。(メールアドレス/ info@osakachristiancenter.or.jp )

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村 ⇐たくさんの方に福音落語を知って頂きたいので、ポチッとご協力をお願いいたしますm(__)m
posted by kyoufumi at 23:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。