2020年03月28日

【お願い】

現在、本当に新型コロナウィルスが猛威を振るっていて、本当に世の中が混乱していると言っても過言ではないと思います。
そんな中で、いろいろな催しが中止・延期になっています。
先日ご案内させて頂いた「珍念一座特別公演」も中止になりました。
私たち芸人は、落語会や集会・イベントが中止になると失業状態です。
そして、皆さん先の見通しも立たないため、落語会や催しの企画も前に進まないため、お仕事のご依頼もありません。
お金の問題じゃないかも知れない。
けれど、私たちも生きていかなければならなりません。
他にお仕事がある(できる)方はまだいいかもしれない。
でも私などは、身体のこともあり、これしかできない、と言う状況。
みんな命が大事。それもわかります。
だからみんな悩み、苦渋の決断をしている。
でも、でも、ある記事に「災害や戦争などで人々が平常心でいられないような状況に陥ったとき、「芸事」は切り捨てられやすいものです。しかし、そんなときでも、音楽やスポーツに心を癒やされ、励まされる人がいることも、また事実です。」とありました。私も声を大にして言いたいことです。
最近、ヒップホップにハマっている娘・お姉ちゃんは「週末のライブやイベントがあるから(仕事をする)モチベーションも保たれている」と言っています。
まぁ最近は少し、みんなこの重苦しさや閉塞感に耐えられなくなってきているのか、マスメディアでも「何でもかんでも自粛するのではなく、安全対策を取りながら開催していった方がいい」と言うようなことを言っていました。このままでは経済も、人の心も冷えきってしまう、と言うような意味のことを。
TVでもラジオでも共通して言っていたのは、こう言う状態が続くと、どんどん経済が行き詰まり、極端な話、自殺者も増える、と言うようなことも言っていました。

でも、でも、最近はさらに加速してる感もあり、本当に自粛は重要なことなのかもしれない…。

ともあれ、答えはでないことなのでしょう。
要はコロナ問題そのものに、どうにか光が射さなければ何も見えてこないのか?
アメリカが、薬の臨床を開始したとか?あちらこちらの国も、必死で薬の開発に力を入れている。
けれど今日もTVで、まだまだ時間がかかるって言ってた…。
でも、でも、でも「明けない夜はない」「冬来たりなば春遠からじ」
とにかく明日を信じ、神様を見上げて、1日1日を乗り越えていかなければ…。
宝塚で観たスカーレット・オハラも歌ってた。
「🎵明日になれば〜、明日になれば〜❗」

そして、皆様にお願いです。
こんな時、自粛自粛で何か楽しいことはないかと思っておられる方々、私の福音落語のDVD&CDを買ってくださいm(__)m
このままだと、コロナで死ぬより前に飢え死にしてしまう!?
たとえわずかでも、足しになります(^^;

ホームページ『Holiday』の【DVD/CDのご案内】をご覧ください。
https://kyoufumi.jimdofree.com/

よろしくお願いいたしますm(__)m

あ、それから、大人数で集まるのがダメだと言うのなら、個人のお宅等でごくごく小規模の4・5人の集まりなんてどうでしょうね?
もちろん、コロナ特価、出血大サービスで伺いますよ〜!
笑えば免疫UPは間違ナシなんですけどねぇ…。ダメかなぁ…。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村 ⇐たくさんの方に福音落語を知っていただきたいので、ポチッとご協力をよろしくお願いいたしますm(__)m
posted by kyoufumi at 22:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。