2014年07月02日

《ゴスペル落語会》報告

さる6月21日(土)、大阪クリスチャンセンター/OCCホールに於いて《ゴスペル落語会》が開催されましたexclamation

おかげさまで、無事盛況のうちに終えることができました。ありがとうございましたm(__)m
2014.6.21ゴスペル落語会(表).jpg
この《ゴスペル落語会》は、クリスチャンの方もノンクリスチャンの方も、誰にでもわかりやすく、親しみをもって聖書の世界を知ってほしい。福音落語を通して1人でも多くの方に「楽しく、笑の中で」キリスト教にふれてほしいという思いから企画しました。
主催はOCCさんですが、言わば持ち込み企画と言ったところ。
出演者は、5人で全員がクリスチャン。このクリスチャンばかりの出演者による落語会と言うのは日本で、いえ、おそらく世界でも初めてのことだと思いますひらめき

まず、開口一番はゴスペル亭パウロさんの「罪許された女」(台本/山本杉広)で、これは新約聖書のヨハネの福音書8章3節から11節を題材にして創作された福音落語です。「あなたがたのうちで罪のないものが最初に彼女に石を投げなさい」と言う、有名なくだりです。
演じたパウロさんは、和歌山県のクリスチャンで、プロの方がやってる落語教室に通いながら福音落語に取り組んでいらっしゃいます。
ゴスペル落語 2014.6.21 001.jpg

ゴスペル落語 2014.6.21 008.jpg


ゴスペル落語 2014.6.21 007.jpg
手話通訳もついてくださいました


2番目は、大川亭栄華さんでネタは「道具屋」。これは普通の古典落語で、1本ぐらいは普通の落語があっても、かえってノンクリスチャンの人も親しみやすいだろう。と言うことで、このネタになりました。栄華さんは、実は牧師で、大阪の西成区で野宿者を対象に伝道するうちわかりやすく面白く話をしたいと落語を始めたそうです。因みに彼女は、上方落語協会(繁昌亭)でやっている落語講座で落語を勉強されています。
ゴスペル落語 2014.6.21 026.jpg

ゴスペル落語 2014.6.21 032.jpg


そして次が、わたくし露のききょうの『宗論』。これは大正時代に作られた準古典で、親子が繰り広げる、仏教VSキリスト教の宗教論争のお話です。
これはクリスチャンである私が演じるにあたって、妹(伝道賛美家・菅原早樹)の協力(監修)のもと、少し手を加えて演じました。
ゴスペル落語 2014.6.21 059.jpg

ゴスペル落語 2014.6.21 069.jpg

ゴスペル落語 2014.6.21 073.jpg


中トリは福音亭ぱすたさんの自作の「カナの婚礼」。タイトルからもわかるように、新約聖書ヨハネの福音書2章1節から11節を落語にしたものです。
ぱすたさんも牧師で、社会人落語選手権にも出場され、なんと一般の方に交じってこの「カナの婚礼」を披露されていますexclamation
ゴスペル落語 2014.6.21 092.jpg

ゴスペル落語 2014.6.21 095.jpg


仲入りの時に、私が例によって?福音落語のDVD『露のききょうの福音落語でQUE SERA SERA』の宣伝をさせて頂き、販売(サインも)させて頂きました。
この時に、私の似顔絵を書いて頂いているクリスチャン似顔絵作家の田島マサヒロさんデザインの御言葉入り日本手ぬぐいも販売したところ、あっという間に売り切れてしまいましたグッド(上向き矢印)
みことば手ぬぐい.jpg

福音落語でQUE SERA SERA(DVD)1.jpg


仲入り休憩の後は人形漫談の花島二郎さん。花島さんは東京の芸人さんで、キリスト教エッセンス満載の腹話術で、客席を沸かせていました。お客様へのサプライズプレゼントもあり、皆さん、楽しまれたようでした
ゴスペル落語 2014.6.21 134.jpg

ゴスペル落語 2014.6.21 167.jpg


トリは、再びわたくし露のききょうが『蘇生の息子』をやらせて頂きました。これは新約聖書ルカの福音書15章11節から32節、クリスチャンには【放蕩息子】でよく知られるたとえ話を人情噺として創作された福音落語です。ですから、面白いだけでなく、ホロッとする場面もあり、見終わった後、目を潤ませているお客様もいらっしゃいました。また「放蕩息子(蘇生の息子)は何度聞いても感動します。福音落語で聞けて笑い泣きしました」との感想も頂いたりしました。
ゴスペル落語 2014.6.21 184.jpg

ゴスペル落語 2014.6.21 192.jpg

ゴスペル落語 2014.6.21 220.jpg


実は、プロの芸人は私と花島さんだけと言う出演者で、どれだけの方が来てくださるだろうと思っていたのですが、主催の大阪クリスチャンセンターでは、初めてではないかと言うくらいたくさんの、問い合わせや申し込みがあり、またびっくりするぐらい大勢の方が来てくださいました。
その来てくださった皆さんが口々に「楽しかった」「最高に笑ろた」「またやってほしい」と言ってくださり、出演者一同、心を合わせて祈って準備した甲斐があったと喜びました。
キリスト教の堅苦しい雰囲気や、外国の宗教と言う概念を吹き飛ばす福音落語。
「お笑い」に対して貪欲な関西ならではの発信の方法かもしれないと思いつつ、この福音と笑いの輪が、日本中に広がっていけば、と願っていますぴかぴか(新しい)

ゴスペル落語 2014.6.21 224.jpg

“おまけ”
当日は娘・お姉ちゃんもお茶子さんで手伝ってくれましたわーい(嬉しい顔)
ゴスペル落語 2014.6.21 169.jpg


にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村 ←1人でも多くの方に福音落語を知っていただきたいので、ポチッとクリックをお願いします☆ヽ(▽⌒*)♪
posted by kyoufumi at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 証(福音落語) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すごく、よかったですよ。
2つも聞けて、堪能しました!
Posted by タケチャンマン at 2014年07月05日 06:38
☆タケチャンマン様、ありがとうございますm(._.)m
レスが遅くなってごめんなさい。
そう言って頂けて嬉しいです(^_^ゞ
Posted by kyoufumi at 2014年07月13日 02:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック