2011年03月19日

心の帰るところ(タイトル変えて、ちょっと加筆)

昨日は、うちの子・お姉ちゃんの小学校の卒業式でしたビル
実に、和やかに、(多分)例年通りの卒業式。
式の後、校門に向かう卒業生を保護者が見送るのですが、私は、入学した時にクラス写真を撮影した辺りで見送りました。「ここで写真を撮ったのが、つい昨日のよう…」と思いつつ。
そう思いながらも、長かったのか短かったのか、色々な事があった6年間でしたが。

ただ、どこか喜びや感動に浸りきれない感もありました。
やはり、被災したお子さんたちのことを思うと、胸が痛みますもうやだ〜(悲しい顔)

地震・津波から1週間以上が過ぎても、まだ、何もかもが混沌としている状態。
少しずつ、救済活動・支援活動も形になってきているけど、被害も拡大しているように思います。

24時間、そのことばかりは考えていられないけれど、1日に何度も色々な情報を目にし、涙をこぼしています。
子供とは、中学校の事や趣味の話、本の話等楽しい話もしています。
なんだかしっかりしないと、ちょっと精神状態がバラバラになってしまいそうな気がします。(珍しく、少し弱気^^;)

昨日、銀行に行って帰りにスーパーに寄ったら、市の社会福祉協議会が義援金を呼びかけていました。
私は銀行で、子供の中学の制服の支払いの為のお金を下ろしたところ、残高が…がく〜(落胆した顔)だったので、申し訳ないけれど、今ここでは募金できないと、スルーさせて頂きました。
モチロン私は、幾つかの窓口を通して募金するつもりでいて、決して全くする気が無い訳ではありません。
それでも、やっぱり何だか、後ろめたい感じが伴ってしまいます。

元気な人が元気をなくしてはいけない。
頭ではそう思っていながら、何となく、なすすべの無い無力感を感じてしまう瞬間が何度か襲ってきます。

そして、いくつかの御言葉が、頭と心をよぎります。

例えば「あなたがたは心を騒がしてはなりません。神を信じ、またわたしを信じなさい。(ヨハネの福音書14:1)」
例えば「いつも喜んでいなさい。絶えず祈りなさい。すべての事について、感謝しなさい。(Tテサロニケ5:16〜18)」
例えば「恐れるな。わたしはあなたとともにいる。たじろぐな。わたしがあなたの神だから。わたしはあなたを強め、あなたを助け、わたしの義の右の手で、あなたを守る。(イザヤ41:10)」等々…。

「ああ、そうだ、私ひとりが心を騒がせて何になるだろう。今は、自分のおかれた立場に感謝し、ひたすら主により頼み、祈ろう†m(--)」
何度も、同じところをぐるぐる回っては、そこに帰りついています黒ハート

そして私は、また元気になるのですp(^^)q

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村 ←ポチッとクリックしてください☆ヽ(▽⌒*)♪
posted by kyoufumi at 17:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 聖書・御言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック