2017年08月20日

「いつも微笑んでいたい」

少し(約2か月ほど)前からヘルニア(その上、どうやらステロイド筋症も併発しているよう…💦)で
歩行困難に陥り、周りの人に迷惑をかけまくっている…。(初めは近所の整形外科に通っていたけど、手術が必要かも?と言うことで、他の持病でかかっている大学病院の整形外科へ。
でも、他の病気のこともあり、手術は極力避けたいと、痛み止めで様子を見ることに。
先日、その大学病院の整形外科にかかりだしてから1ヶ月が過ぎ、診察に行きました。
少し状態もよくなって、ドクターも「このまま治まりそうですね」と言っていた矢先、またまた、ぶり返した感じで、ちょっとショック…。
今月はお仕事もお休みして静養に努めているけど、来月からはまた仕事復帰しないといけないのに、大丈夫かな?と、少し不安になってしまいます。

そんな時に出会ったのがこの本。
今を時めく棋士と言えば藤井聡太四段とこの人、ひふみんこと加藤一二三さん。
その加藤一二三さんの『老いと勝負と信仰と』と言う本です。
少し前に加藤一二三さんがカトリックのクリスチャンだというのはTVで見て知っていたのですが、こんなに熱心な(敬虔な)クリスチャンだとは知りませんでした。
ものすごい祈りの方です。
また、勝負の世界と言うか、生きることと信仰がしっかり結びついた証しがされていて、それが、また、とてもわかりやすく書かれています。(将棋の指し手の解説のところは、あまりよくわかりませんが…^^;)
「ああ、もっと祈らなければ!!」と反省するとともに、もっと神様を信頼して委ねようとも思わされました。そして、主にある希望も頂きました。
いくつかの、必要な御言葉も与えられました。

老いと勝負と信仰と1.jpg

老いと勝負と信仰と2.jpg

いつまでも、落ち込んではいられない…。
加藤一二三さんが最後に書かれています。
「これからも意気軒昂で強く逞しく、そして、いつも微笑んでいたいと思います。」
私のような凡人には、なかなかできないことだけど、気持ちを切り替えて、とにかく前を向いて、このような心境を目指して、明日からまた頑張りたいと思います。

【オマケ】
今年の庭の桔梗、水やりも手入れもできずに放りっぱなしなのに、それでも花を咲かせてくれています。
例年より、かなり小さめのの花ですが、それでも健気に咲いています。
これも神様からの贈物!感謝..\(@^o^)/..

今年の桔梗.jpg



にほんブログ村 ←1人でも多くの方に福音落語を知っていただきたいので、ポチッとクリックをお願いします☆ヽ(▽⌒*)♪
posted by kyoufumi at 22:49| Comment(0) | 日常生活の中で | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする